『Lawry's The Prime Rib』は、1938年にアメリカのロサンゼルスで創業されたプライムリブの専門店です。プライムリブとは、特製スパイスを塗った上質な骨付き牛肉をじっくり焼き上げた、アメリカンスタイルのローストビーフです。『Lawry's The Prime Rib』では、「シルバー」と呼ばれるカートの中に大きな塊のプライムリブを縦置きにし、お客様の目の前でお好みのサイズと焼き加減を伺って、その場でカットしてご提供いたします。
『Lawry's The Prime Rib』は、現在、アメリカで4店舗(ロサンゼルス・ラスベガス・シカゴ・ダラス)、アジアで6店舗(東京・大阪・シンガポール・台湾・香港・韓国)を展開しています。『Lawry's The Prime Rib, Osaka』は、記念すべき10店舗目の『Lawry's The Prime Rib』として、2008年に大阪・梅田のハービスPLAZA ENTにオープンいたしました。

 

『Lawry's The Prime Rib, Osaka』のプライムリブメニューは、全てコース形式となっており、メインのプライムリブ以外に、スピニング・ボウル・サラダ、マッシュポテト、そしてヨークシャープディングが含まれます。プライムリブのカットの大きさは、トーキョー・カット、カリフォルニア・カット、イングリッシュ・カット、ロウリー・カット、そしてダイヤモンド・ジム・ブレーディー・カットの5種類の中からお選びいただけます。また、大阪店では、プライムリブを使ったステーキメニューもご用意しています。
プライムリブ以外には、シェフおすすめの魚料理のコースや、アメリカンロブスター、各種サイドディッシュなどもございます。
ワインリストは、カリフォルニア産を中心に70種類以上の豊富な銘柄をご用意しております。

 

『Lawry's The Prime Rib, Osaka』の店内は、現代アールデコ調で統一されたダイナミックな空間で、217席を有する大型レストランです。
エントランスを抜けたエリアにはウェイティングバー&ラウンジがあり、食事前のカクテルなどをお楽しみいただけます。店内へお進みいただくと、高さ5mを誇るワインセラーとテーブル席やソファ席を設けたメインダイニングと、3部屋のプライベートルーム(個室)がございます。
まるで映画の1シーンを思わせるようなゴージャスな空間で、本場アメリカのプライムリブを心ゆくまでお楽しみください。

 

『Lawry's The Prime Rib, Osaka』には、お客様のご利用目的に応じてお使いいただける3部屋のプライベートルーム(個室)がございます。着席で12名様~最大44名様までご利用いただけるほか、30名様以上の立食プランも承っております。プロジェクターやスクリーンも設置できますので、お食事会やご宴会だけでなく、様々な会合やパーティーなどでもご利用ください。

 

佐治 伸之/支配人
関西出身。1998年に上京し株式会社ワンダーテーブルに入社。バーブランドの複数店舗の支配人を経験後、2008年に関西初進出となるバルバッコア・グリル心斎橋店の開業を支配人として務め、2012年7月よりLawry's The Prime Rib,Osaka支配人に就任。世界で店舗展開しているロウリーズ自慢の「プライム・リブ」の美味しさと、本場に負けないサービスを磨き上げて関西で愛されるお店を作っていきます。

加藤 宏一/料理長
調理師専門学校卒業後、フランス料理の道へ。その後、ホテル等で修行後2年半フランスパリを中心に渡仏。帰国後、青山松浦亭、VEGE-TABLE等数店のシェフを経てワンダーテーブルに入社。各ブランドの料理長に着任。2010年4月よりL.A.のLawry's The Prime Rib 本店にて研修を行い、Lawry's The Prime Rib, Osakaの料理長として就任。本場プライムリブとLawry'sの魅力を、関西のお客様に伝えていきます。