世界のLawry’s Vol.3 上海

成長著しい国、中国にもロウリーズはあります。
上海店は大阪店に次いで新しいロウリーズで2008年2月にオープンしました。
場所は新天地と呼ばれる新しく開発されたオープンエアのレストランやバーが並ぶ
観光スポットにあります。
上海のロウリーズ、非常に規模の小さなロウリーズですが、3階建ての作り。
エントランスは1階、メインダイニングは2階にあります。
そして3階にも2階を見下ろすことが出来る吹き抜け周りの客席と個室がある異質なロウリーズです。

皆様もご存じのようにロウリーズのメインとなるサービスはシルバーカートによるカービングです。
300kgを超えるシルバーカートを移動させるには上下の移動は非常に困難。
ではどのように2階から3階へ移動させるのか?
答えは簡単でした。
2階用と3階用のシルバーカートがあるそうです。。。

上海のロウリーズにいったら是非食べてもらいたいものが
3種類のスープ(マッシュルーム、パンプキン、ロブスタービスク)と
デザートの「ベイクドアラスカ」。
あと一カ月で閉幕する上海万博へ行った際にはぜひ立ち寄ってみてください!

The Country that keeps growing, we also have a Lawry’s in China.
The one in Shanghai which opened in Fefruary of 2008, is the second youngest Lawry’s next to Osaka.
It is located in “Shin-Tenchi”  a newly developed traveler spot, which has many open-air restaurants and bars.
The Shanghai Lawry’s is in a very small scale, but it consists of three floors.
You enter through the first floor, and the main dining is located on the second.
Also, on the third floor there are tables & private rooms surrounding and over-viewing the main dining floor.

As all of you probably know, Lawry’s main service is the carving from the silver cart.
Moving a cart over 300kg is hard work. So how do we move them from the second floor to the third?

The answer is simple.
There are silver carts for both the second floor and the third.

When you are at Shanghai Lawry’s, please try the three kinds of soup (Mushroom, Pumpukin, Lobster Bisk) and the dessert “Baked Alaska.”
When you go to the Shanghai Exibition, come on down to the Shanghai Lawry’s!

世界のLawry’s Vol.2 ラスベガス

一攫千金を夢見て、世界各国から人が集まる眠らない街、ラスベガス。

ラスベガス店はアメリカ4店舗の中では最も最近開業した店舗で開業は1997年。
10年以上が経過していますが、ビバリーヒルズ1938年、シカゴ1974年、ダラス1982年と比較すると歴史が浅いことが分かります。

場所は中心のラスベガスBVD通り沿いではなく、そこから車で10分ほどの場所。
シーザースパレス周辺からは歩いてもいける距離ですが、安全の為タクシーを利用した方がベストでしょう。


そのラスベガス店ですが、世界で一番席数のあるLawry’sなんです。
その数なんと530席!大阪店の約3倍の規模なんです。当店には3席しかない人気のブース席は26席!
あまりの人気で増設したそうです。

個室がたくさんあることもラスベガス店の特徴です。大きなコンベンションの際にはラスベガスに
多くの人が集まり、企業主催の大規模なパーティも多いので200名が収容できる個室もあります。

ここでしか食べられないメニューはランチの「サンドウィッチバー」
チャバタや全粒粉など5種類のパンからすきなものを選んだ後、
中にはさむ具材をプライムリブ、BBQビーフ、ターキー、パストラミ、コーンビーフから決め
オリジナルサンドウィッチを作るランチです。

テイクアウトもしているので、Lawry’sのサンドウィッチ片手にスロットマシーンを楽しむなんて最高ですよね。

Lawry’s The Prime Rib, Las Vegas

Lawry’s the Prime Rib of the World Vol.2 Las Vegas

Las Vegas a City that never sleeps and  where one handful 1000 money is dreamt, and person gathers from every country in the world.

In the Las Vegas shop, in American 4 store, the opening is 1997 the store that opened a business most recently.
It is understood that it is not more far advanced compared with 1982 1974 1938 in Beverly Hills in Chicago in Dallas though 10 years or more pass.

the place takes about ten minutes by car from Las Vegas BVD at the center.
One using the taxi might be the best because of safety though it is a distance where it can go even if walking from  Caesars Palace.

Las Vegas shop has the most number of seat through out all of the Lawry ’s restaurants.
The 530 number seats. It is a scale three times the Osaka branch. We only have three at the popular booth seats in our shop, where there are 26 seats in Las Vegas. They seems to have increased number because of it’s popularly.

There are a lot of private rooms the feature of the Las Vegas shop. There is a private room where it can accommodate 200 people because a lot of people gather in Las Vegas, and there are a lot of large-scale parties of a corporate sponsoring in a big convention, too.

The menu that can be eaten only here is a “Sandwich Bar” where you decide the material placed on the inside, prime rib, BBQ beef, turkey, pastrami, or corned beef. Then you choose from five kinds of bread such as chabata and whole grains.

Because the takeout is done, you may enjoy having a Lawry’s sandwich in one hand while playing the slot machine.

世界のLawry’s Vol.1 ロサンゼルス ビバリーヒルズ

(続きを読む…)

新着ニュース

カテゴリー

月別アーカイブ

タグ

新着写真

検索