『Lawry's The Prime Rib』は、1938年にアメリカのロサンゼルスで創業したプライムリブ専門店です。プライムリブとは、特製スパイスを塗った上質な骨付き牛肉をじっくり焼き上げた、アメリカンスタイルのローストビーフです。『Lawry's The Prime Rib』では、「シルバー」と呼ばれるカートの中に大きな塊のプライムリブを縦置きにし、お客様の目の前でお好みのサイズと焼き加減を伺って、その場でカットしてご提供いたします。
現在、アメリカで4店舗(ロサンゼルス・ラスベガス・シカゴ・ダラス)、アジアで6店舗(東京・大阪・シンガポール・台湾・香港・韓国)を展開しています。『Lawry's The Prime Rib, Tokyo』は、国内1号店として、2001年に東京・赤坂にオープンしました。2014年3月、ビルの建て替えに伴い、一旦閉店し、2014年4月、恵比寿ガーデンプレイスにて、再オープンいたしました。

 

『Lawry's The Prime Rib, Tokyo』のプライムリブメニューは、全てコース形式となっており、メインのプライムリブ以外に、スピニング・ボウル・サラダとマッシュポテト、ヨークシャープディングが付いています。プライムリブのカットの大きさは、トーキョー・カット、カリフォルニア・カット、イングリッシュ・カット、ロウリー・カット、そしてダイヤモンド・ジム・ブレーディー・カットの5種類の中からお選びいただけます。また、プライムリブ以外には、ステーキやシェフおすすめのシーフード料理、アメリカンロブスター、各種サイドディッシュなどもございます。ワインリストは、カリフォルニア産を中心に70種類以上の豊富な銘柄をご用意しております。

 

『Lawry's The Prime Rib, Tokyo』は約320席を有する大型レストランです。ウォーム&ラグジュアリーな雰囲気をテーマに、全体に温かみのある素材を使用しつつハイグレードな空間に仕上げています。店内は正面に設置されたレセプションを境に、大きく二つのゾーンに分かれています。右側にはメインダイニング、左側にはウェイティングバーとプライベートルーム(個室)を設けております。約1200本収納するワインセラーを横目に右奥へ入ると、ダイニングホールが広がります。センターに配置されたテーブル席、それを囲うように配された壁際のソファ席があります。レセプションの左手にはウェイティングバーがあり、食前酒などをお楽しみいただけます。その奥にはお客様のご利用目的に応じてお使いいただける8つのプライベートルームがあります。空間を照らした照明やアメリカから取り寄せた本物の古木、味わいのある煉瓦など、随所に温かみのある素材を使用しています。感度の高い空間で、本場アメリカのプライムリブを心ゆくまでお楽しみください。

 

『Lawry's The Prime Rib, Tokyo』には、お客様のご利用目的に応じてお使いいただける8部屋のプライベートルーム(個室)をご用意しています。着席で8名様~最大48名様までご利用いただけます。また、プロジェクターやスクリーンも設置できますので、お食事会やご宴会だけでなく、様々な会合やパーティーなどでもご利用いただけます。

 

<料理長 : 木部勝一郎>
1987年渡仏。ミシュラン2つ星“Hotel de France”にて勤務。1990年に渡米し、ロサンゼルスにあるCHAYA Beverly Hills店、Venice店を経験し、1993年 一旦帰国するものの、再び渡米し、CHAYA San Francisco店料理長、Beverly Hills店料理長を就任。2007年帰国し、株式会社ワンダーテーブルへ入社。数店舗の料理長を経て、ロウリーズ・ザ・プライムリブ 東京の料理長に就任する。アメリカでの豊富な経験をいかした料理を提供していきます。

<支配人 : 横溝慎一>
横浜のレストラン、バーにて経験を積み、2004年に株式会社ワンダーテーブルへ入社。当社の和系ブランド、イタリアンブランド、フレンチブランドの支配人に就任。その後、Lawry's The Prime Rib, Tokyoへ移動し、2013年同支配人に就任。アメリカで75年の歴史をもつロウリーズの素晴らしさを少しでも多くの方々に知ってもらうことをミッションとしています。

 

 

※個室のご予約は直接店舗までお問い合わせください